自分らしく生きる

すべて自分で選択した人生。自分らしく生きるために、胸のうちを綴ってみようと思います。

昔と今

昔を振り返って、彼は言う。

小さい男だった。

いらだちを私にぶつけてしまった。

重かったと思うと。


若い頃の私は、恋に溺れることはなかった。一途な彼の想いが届いて、慢心していたのかな。私の余裕が彼をいらつかせたのだ。


そんな彼は今、冷静沈着。

感情的になることはない。

彼の変化を私は寂しく感じている。そして、自分の変化に驚いている。

今の私の心は、彼に占拠されている。

昔の彼が感じていたであろう焦燥感が、私を苦しめる。


昔と逆だな。

きっと彼も思っているだろう。