自分らしく生きる

すべて自分で選択した人生。自分らしく生きるために、胸のうちを綴ってみようと思います。

いつのまにか

うまく使い分けている。

彼といるときの自分。

家族といるときの自分。


もともと人はいくつもの顔を持っている。それが一つ増えただけ。

彼に心を奪われていても、おくびにも出さず、家族の前でニコニコしていられる私は、我ながら女優だと思う。演技なのか、自然なのか、それさえも分からなくなってきた。

平気で嘘をつく。

必要な嘘だから。

家族を守るため。

私と彼の関係を守るため。

なんだか色々と吹っ切れてきた。

やり場のない気持ちを綴るために始めたこのブログも、春の訪れとともに、そろそろ卒業のときかもしれない。

明るく楽しく♪

デートしてきた。

私にしてはがんばった。

寂しさは封印して、ずっと笑顔で彼と過ごした。

ちょっと無理したけど。

結果、彼も楽しそうだったな。

寂しい寂しい言っても、どうしようもない。余計に寂しくなるだけ。

なら、楽しい楽しい言ってた方が、楽しく過ごせる。その場だけだったとしてもね。


しょせん不倫です。

今を楽しむだけ。

先には何もない。


それでいいと思えば、何を憂うことがあるのか。


今を積み重ねたら、それが思い出になる。

未来はないけど、過去が輝く。

今を大切に生きよう。

信じる

年末年始は音信不通

新年の挨拶もなし

それでも彼を信じて穏やかに過ごせる自分にちょっと驚く

離れていても心はつながっている

同じ気持ちだと確信できるから大丈夫

次に会う日は決まっている

その日を楽しみに、ひたすら日常をこなす


決して許されない恋

いつも自分を責めてきた

でも、どんなにサイテーでも、やってることクズでも、信念持って貫くと決めた

なら、墓場まで持っていく覚悟決めて、あとは、ケセラセラ

絶対に周囲を傷つけないように、我を見失わないように、そこだけコントロールして、あとは自分を解放したい

これが開き直りというものなのか、だとしたら、開き直り上等


あぁ、結局、自分らしく生きるとは、自分勝手に 生きることなのかもしれない